FC2ブログ

RSS|archives|admin

JIN-仁-【完結編】 11話・最終回 感想~いちばん綺麗な夕陽~

2011.06.27 Mon

 突っ込み所が…。(笑)



 「いや、現実、そんな戦場に女子が行ってる場合では…
  って、ほら、言ってる傍から撃たれたああ!」


 「あーー、なるー。最初現代で倒れてた所が出口ねー。
  って、私は兎も角。
  仁先生、何故もっと早く気がつかない?(笑)
  大変だったから?

  へ?何故『そこ』に薬?
  あれ。」


 「何かSF講義が始まった…。」

  (↑面倒なんで深く聞いてない人)


 「ルロンさんも亡くなったんかいっ!
  しかも口説明だけで終わった!(笑)」





  ↑らが全てぶっ飛んだ瞬間。
        ↓
          咲さんからのお手紙。


 べ、別に泣いてないんだけどね。





 咲さんが、かわいくてカワイくて、可愛い。

 仁先生は誠実だし。



 原作はどうか知らないけど。

 遠い想い。



 私なら覚えてても。
 懐かしくても。
 今更どうしようもならない事なら、
 自ら全てすっとぼけるけど。
 (↑そんな性格です。可愛げが無い。汗)


 ミーハーじゃない真面目現実な感情だと、
 私は好きな人へのが何か素っ気無くなるかもなー…。
 さっぱりあっさりと。
 叶わない時はね。わざとね。自らね。
 望みある時は犬のように凄い素直か、挙動不審。(笑)

 
 ミーハーなことは
 「好きな人は好きとはっきりきっぱり叫べます!」
  (ハイハイ。少しは自重しろよ。↑)






 これ。本当に本人達、全て忘れちゃうんだ? 




 ふふ。これは。
 ドラマ観た人だけの 『秘密のお話』 ?
 (見た人の人数多いけど。笑)



 すごく贅沢だよね。


 本人達が記憶を忘れてしまうなら。
 せめて。
 観た人が覚えておいてあげないと、
 なんかね……勿体無いよね。






 1期は全て見逃し、2010年の年末ダイジェストがお初見。
 完結編前の土日に1期を一気再放送で初めてちゃんと見た。

 完結編は。
 駆け足で毎週2時間あったら良さげな内容っぽかったけど、
 それだと役者さんスタッフさんが死んじゃう(笑)ので、
 イイんじゃないでしょうか。
 お疲れ様でした。








 たかがフィクションで、
 本当に『何か』が良い方向へ変わるといいのに…ね。


 どこか懐かしい感じの愛とか恋だけじゃなくってね、
 …今のこんな時だからこそ 尚の事、そう想う。





 BGM 安室奈美恵  The Meaning Of Us (PC)



 誰かが2次創作で色々書きそうだよね。(笑)
 ドラマバージョンその後のジンちゃん&ミキちゃんとかー。
 ドラマバージョン納得いかねーから咲さんとこ行くからっ!とかー。
 恋愛的には「お好きにどうぞ」とも出来る結末、だった。(笑)


 んー。私は咲さんは。
 あれでいいから時間軸はもうこのままでイイなあ。
 (1番感情移入するのは咲さんなのにね。)


 勝った負けたは他人とすることじゃないと思うんだけどー。
 違うのかなー…。
 レンアイも。
 (つーか…恋自体がしようと思ってするもんでは無いしそもそも。)


 切ないとは思うけど、咲さん本人は可哀想では無い。
 ただの仕事のキャリアじゃなくて
 命を助けることは自分の命を分けるにも等しいこと。

 本来、医療と教育部門の仕事は「聖職」


 受け継がれていくもの。



 野の花は、何処に咲いていても
 誰が見てなくても凛として逞しく咲いている。



 多分、オトコノヒトのが、ロマンチストなのね。きっと。



 …あれ?
 この感想文だと私のBGM選択が
「咲様の背中が大人になって頼もしいなっ!」…に成って…し…まうような…。

 違。…あれえ?(汗)















 いいか悪いか解らないけど
 こういうのはもう最後だったらいいんだけど。
 (何かドラマ感想から離れたぞ今。笑)

 何となく強烈な嫌な…というより傷つく記憶ばかりが蘇って情緒不安定になるもんなあ…。(苦笑)
 (こんな綺麗な内容でそんなこと思うの、私くらいな気がしてきた。汗)



 BGMⅡ  fripSide  fortissimo-the ultimate crisis- (PC)
 でも何故かコレの曲は…エ○ゲーアニメの主題歌らしい?
 何でや!(笑)そのジャンルまで知らんわ!知ってたらコワイわ!
 つかそれが落ち!?違。






Theme:JIN-仁- | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:ドラマJIN-仁-感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

JIN-仁-完結編 9話 感想 と マリノス と 近況。

2011.06.13 Mon


 恭殿ーーー!!!

 (↑このドラマでさえ一切泣いてないが、思わず涙しそうに!
  最近TVで泣いたのは長谷部さんのおじいちゃんのお話でです。)


 んで、東、なにゆええええ!!!(!?)


 龍馬さーーーんっ!!いやーーー!!!


 仁先生ーーーー!!!(願)




 東さんはアレか!?
 咄嗟に頭が回転してその場の複雑怪奇な状況を瞬時に判断し、
 自ら龍馬を切る事で、
 後の龍馬の天命を仁先生に託したのか!?

 (↑私ならあんな緊迫状態で、瞬時にそこまで頭まわんないけど!!)
 

 なら何故頭部!!額!?

 史実のとうり、ごっつり致命傷いくよりまだいいかもだけど!?
 仁先生、脳外科医設定だけどっ!


 でも武士だったら龍馬さんと恭殿のやりとりを聞いて尚。

 それでも、龍馬さん護る為には恭さん打つか!?

 でも。

 龍馬さん
 「それしか道は無いがか!?」


 それ聞いて、考え、その道が。一か八か!?



 龍馬さんでも過去鼻血での切ったと見せかけての川突き落とし仲間見過し作戦だったが、
 でも東さんがやったのは額…。


 一か八かなのは「このとうりざっくり死んでますよ。」ってならないと刺客は引かない訳だし。

 でも、その賭けに勝ったら。

 刺客に命は狙われずに済む。

 ついでに記憶無くしてくれると話は早いんだが。(周りは悲しいですが。)

 ↑ドリーム。



 でも恭さん除く他の刺客さんは呆然でしょうけど。

 そこは「間違って切ってしまいました…。」演技して悪役背負うの?




 ↑もうすでにいらっしゃらないお方(龍馬さん)相手にこののめり込み状態。


 歴史がそうだから。
 解って居たけど、だって死んでほしくないんだもん。もん。

 目の前で映像で来られると、何べんでも咄嗟にそう想う。

 





 それにしても…。よく。
 ここまで大変な作業を…ここまで。


 時代劇(あらゆる決まりごと、所作、殺陣含む)と
 医療(現代医療もんやるより面倒)と
 方言まざったドラマなんか。


 どんだけ、しちめんどくさいか!!!

 どんだけお金と時間と労力がかかるか。


 予測はしてたけど、まさかここまでとは…。
 しかもここまでしっかり表現とは…。
 しかも80カ国放送とは。




 まったく、(溜息)
 …何て事をしてくださるんでしょうか…。



 そこのスタッフ、どんだけ幕末好きやねん。





 次週、クライマックスに向け全開?

 漫画は読んでないから、ドラマ終了後にて読んどこう。


 これにて。私は多分、ラストオーダー(打ち止め)。

 (本来は本体オリジナルなんだがねえ?ねえ美琴ちゃん。はて。

  つーか。バタフライ現象超過酷ドラマですか。汗

  どことっても本気、ですね。
  あと2回ラストまで草葉の影から観てお付き合い致しましょう。)



 

 --------------------------------------------

 BGM とある魔術の禁書目録サントラ

    幻想殺し(イマジンブレイカー) / 逆転 



 --------------------------------------------


 マリノスは。柏に完敗。(悔)

 そういう時もあるさっ! 次。次!!


 --------------------------------------------



 で。観戦相方師匠はそろそろ入院です。
 こっちはこっちで戦いですネ。
 

 弱気も私は聞くけど。


 言っとくけど…。


 どこぞの店にクレームバンバンいれて。
 解決案まで具体的に出して。
 その後、そこの店のとある部署で月150万利益UP出たせいで、
 そこの店の商品をタダで貰いまくれるようになった伝説の一般客人が
 弱気言うても誰も信じないからね。




 ついでに。


 最近似たようなクレーム経緯で
 手術後の就職スカウトされて決定して来た人に
 誰も同情しないからね。




 夏目
 「…あんたを今日から『クレーマークレーマー』と呼ぶから。(ため息)」



 W杯マニア
 「…いや、それは、イイヒト…。」
(←無駄な多趣味者)

  ↑面倒なヒトな自覚はあるらしい。(爆)




 

Theme:JIN-仁- | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:ドラマJIN-仁-感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

【2期】JIN-仁- 第6話 感想

2011.05.24 Tue


 静と動の2人。


 主人公の仁先生は医師で性格が静。
 龍馬さんは幕末の志士で性格が動。


 設定知らんでもドラマ観ただけで伝わって来る人物対比。



 今回は2人の主張が見所でした。




 仁先生が歴史オタクじゃなくて、良かったわあ。
 おかげでどっか抜けててほのぼのしてるし、(漫画もそうなの?)
 それ故歴史知識目当てのストーリーはあまり無いし。

 仁先生が行き成りバリバリ幕末歴史細かく語りだしたら、
 医療は何処へ…?って話になりそうだもんね。(笑)

 預言者か占い師みたいに生きされそう。(笑)





 龍馬さんは仲間を殺され、追われ、何とかそれでも生き抜こうとして。
 ほんとにね、立場が無い人なんだよね…。
 立場が無いからこそ、自由に動ける訳なのだけども。



 私が大好きな師匠の勝さんは、何だかんだ言っても地位がある旗本。





 龍馬さんが仁先生の事を

「先生は特別な人じゃけん綺麗ごとが言えるんじゃ」

 と言う時、胸が痛かった。



 あの設定だと。
 仁先生は本当はあの時代では生きていけない根無し草なんだけど。

 医療。

 その知識と腕と行動力だけで周囲に生かされる。



 そりゃ、…眩しいわ。

 だから、龍馬は密輸とかの裏家業は仁先生には知られたくなかったし。
 知られてしまっても…友達だから、
 仁先生は世の貧しい平民を病人を救う大事な人だから荒事に巻き込めない…。



 仁先生だって、理屈だけでは理解できる。
 現状がそういう時代だから。

 でも、人の死を目の当たりにすると心が抑えられない。
 それは現代人で、純粋すぎるくらいの医師だから。
 以前よりも江戸に来て更に輪がかかっているから。

 龍馬さんは、そんな眩しい仁先生に責められると辛い。

 本当は仁先生だって、龍馬さんを責めたい訳じゃない。
 龍馬さんを生かそうと会いたくて会いたくて、
 自分の危険さとかまでぶっ飛んでしまう様なのが仁先生。
 そんな仁先生が、龍馬さんを責めたい訳が無い。




 龍馬さんは…現代でこそヒーローとして尊敬されて居るけれど。


 生きて真っ只中の時は。

 ただの土佐藩の脱藩者で。行き場を無くした名も無き下級武士。

 元々、土佐では商で成功した先々代くらいに武士の位をお金で買った家系。

 地元ではお坊ちゃんだけど、長男じゃないから跡は継げない。

 武士である事すら否定する、武士を必要としない世にする矛盾。

 利用されているのを承知で、利用された人。





 仁先生が言う考えは痛い程解る、現代の日本人の考え。
 私もどっちかと言うと仁先生より。


 だけど、それでも龍馬さんが辛い。
 ああ言われて責められる龍馬さんが可哀想でたまらない。

 仁先生。
 龍馬さんは、行き場が無いんだよ。
 帰る国(土佐藩)に、否定されてるんだよ。
 幼馴染や土佐の仲間を利用され、殺されてるんだよ。
 どんなに、脱藩の罪を解いてもらっても、疎まれ、軽んじられ、睨まれてる。


 だからね、だから。

 龍馬さんを助けてもらいたいんだよ。

 命までは解らないんだけど。

 龍馬さんが龍馬さんで居れるように、助けてあげてね…。



 そう願わずにはいられない。

 それが龍馬さんの魅力。





 仁先生は (フィクションだけど。笑)、
 そんな龍馬さんに比べると地味で。真面目で。天然で。
 いつもうじうじ悩んでて。
 時には逃げようとしてみたり。
 人が死んでは子供みたいに泣いて途方にくれる。

 そんな仁先生でも医療になると人が変わった様に強くなるギャップ。

 いや、漫画の絵柄と違ったキャラ風貌な役者さん大沢さんだけど。
 面長でたれ目で純粋で天然。なんですかこの個人的ツボは。
                     (↑放置して下さい。)




 こういう対比がいいですねー。
 互いに引き立ってます。



 やっぱそんな龍馬さんにフィクションでもいいから
 仁先生みたいな友人が同じ時代に「生きて」居てくれたら。

 やっぱりそれは、灯りに成って居てほしいな…。





 今回、龍馬さんが弾丸を海に捨てるシーンが
 いやに素敵なシーンでした。







 さあ、行くのか。



 来るぞ我が敬愛する勝先生。

 江戸無血開城、そして大政奉還!!





 だが…。

 将来。
 会津藩白虎隊「お城が、お城が燃えている!!」…となる訳ですね…。(涙)

 燃えてないよー。助けてよー。親、泣くよー。(涙)


 あんなもん目の当たりにしたら。
 仁先生、…号泣するわね…。

 (そこまで仁先生あの時代に居ない??)



 
 BGM ここはやっぱ新より旧の白虎隊


    堀内孝雄 愛しき日々

    だと想うのよ…。

   (私、どんだけ幕末時代劇好きか…?)





Theme:JIN-仁- | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:ドラマJIN-仁-感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |