FC2ブログ

RSS|archives|admin

「君の名は。」感想。

2016.12.20 Tue






映画館で観るつもりは無かったのだが、
友達に誘われて観に行きました。

しかも、その友達。
映画鑑賞とか趣味じゃ無くて。
アニメはディズニーくらいしか観なくて。
そのディズニーすらも、たまたまハマったくらいで日頃そこまで映画を観るタイプでは無いという。
日頃、ドラマも観ないタイプの。
(W杯マニアではありません!)
趣味、旅行のアクティブな女性。(笑)
どちらかと言えば
ディズニーアニメーションより
ディズニーランド&シーが好きタイプ。


誘われたのが、凄い意外で。


夏目
「何で!?珍しくない?
これ、アニメやで!!
しかも、高校生が主人公の『ファンタジー』っぽい感じやで!!
一応、恋愛もんやけどもっ。」


と、力説したくらいの。


私は、元々は映画ヲタ。
新旧あさりまくってジャンル問わず洋画邦画問わず観てました。
(ただ、韓流映画は詳しくないです。せいぜいシュリくらいしか…。)
今はそこまで観てない。
私のこの映画の予備知識は、
アニメーション映画で1人で作成しデビューした
アニメ界では有名監督が作った。
その監督さんには興味はあったが、作品まるっと全部は観た事がない。
が、何故か秒速のラストシーンの
感想の「女性はまだ好きだから気がつかないフリをした。」だけには共感した事がある。
山崎まさよしの曲はMVで泣きそうになった事がある。
多くの若者に受けている。
映画の為に作った挿入歌が売れている。
くらい。

映画レビューや感想は、自分が観るまでは読まない主義。
なので、内容までは詳しく知らない。
(たまに、洋画のあらすじネタバレを全て読んで観なくていいかあになる為。
いつか観ようとする映画は、ネタバレはシャットアウトする。)

これは、TSUTAYAで借りて観ようか候補だった。
(主に、映画館では洋画を観る。)

それか、「金曜ロードショーでやるだろ。」という感覚。






その友人は映画館、10数年ぶりくらいの?

私なら、一応映画は雑食なんで何のジャンルでも観てるけれど。
例えめっちゃアニメヲタ映画でも、私は観るのは観れるけど。
(…でも、流石にそれは映画館までは行きたくないぞ…。)

ええんか!?

と思ったわ。



少女漫画が好きな女の子とかを誘って
中学生高校生同士でデートで行くのが
1番いいシュチュエーションな気がします。
軽く両思いか…な?くらいの友達同士で行くとドキドキですね!





そんなこんなで、感想。




主人公の女の子が可愛いかったなあ。
三葉(みつは)ちゃん。
瀧(たき)くんは、『滝くん』だと思って観てました。瀧くんね。そっちの字か。

あー、まーた意味深な名字だこと。

龍の字が入っている。それにさんずい、か。
巫女さんと、龍ね。

神道も仏教も、偶然は無い理屈なので
「人は皆、初めから決まったお相手が必ず居る」んですが。

今回、この2人がメインとしてお話が流れて行くのね。

と、何となく納得。


映画観てる最中は
普通の女の子と普通の男の子。
あれ、何か途中から女の子は普通じゃ無いぞ…。と理解。
その土地の神社の娘。
ああ、…そりゃあ普通では無いな。(笑)
皇族の血筋引いている『かも』ね。
と何となくファンタジー部分を納得。

血は呼ぶ。引き合うから。

瀧くんも血筋辿ると、何かありそう。(笑)

で。

田舎女子と東京男子の
普通の学校生活が
(ふつう!!?
…まあ、中身入れ替わり系でした。笑)
楽しくラブコメちっくに過ぎて行って。



途中で話が…、転じる。




ここから先は、ネタバレ。
まだ観ていない方は、プラウザを閉じましょう!
引き返すなら今です。

少しは知りたい方は↓だけ。


一言で言うと。

「2人の愛が、世界を救う」のね?

(注意。世界は救っていません。
…何のフレーズだっけ?これ?
あ、夏休み後半にやる愛は地球を救う!か?)





以外、ネタバレ感想。

スクロール
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓




3年の時間軸のズレは、予想して無かったから…。


「え!?…って事は。
え!?彼女は、過去なの!?
三葉ちゃん、もう居ないの?
ええええええ!!!」



と、素直に驚きました。
哀しくなりました。
震災思い出しました。
そういう事が有り得るこの現実に、戸惑いました。

当たり前に続くと思っていた日常が、切り離される絶望みたいなん。
大惨事が…。

田舎の湖沿いの町が、「糸守町」がもう無い。

その町出身のラーメン屋さんの店主さんが、
普通じゃ有り得ない程のさり気ない親切行動と、無言の目線が一番辛かった。
あのキャラが、1番重かった…。

理解しているから、車で乗せて行ってあげるんだ。

今更【そこ】に【行く】【誰かに会いに】【行く】
その【意味】を、
おっちゃんは【知っている】から無言なんだ。
あの眼差しなんだ。
何も言えないんだ。
詳しく聞かないんだ。
って、なった…。

おっちゃーん。(涙)
おっちゃん「も」、亡くしてんだ。
ラーメン屋のおっちゃんーーー。(涙)

(泣いてませんが、ウルウルきた。おっちゃんに!)



色々あって。(オイ。)


次に泣きそうになったのは、
高校生の三葉が1人で東京へ行った時。


覚えてもらっていない事が…
恋の終わりのショックと
期待していた自分がバカみたいって凹みと。

有り得ない描写だけど、
リアルじゃ無いけど、
髪を結っていた糸から織った紐を渡すのは
女の子女の子している赤い糸伝説を思いおこす。

微かな望みはまだ有る?けど
でも、思っていた程じゃなくて。
一目会ったら好きとかじゃなくても
例えば、瀧くんと先輩がうまく付き合ったとしても。
最低でも、お互いにあのラブコメちっくになるって思っていたのに、それさえも違う。
初対面で迷惑そうにされたって事が大いにショック。

何で迷惑?好かれるのだけでもう迷惑?
友達とも思ってもらって無いんだ?
全否定された事になる。


うわー、痒くなって来るくらいの女の子恋愛事情ーー!


で、泣きたくなるのは乙女心です。


ただ、唐突な出会いなのに
名前を聞き、織り紐を受け取る瀧君が何者?とは思ったけど。(笑)

「前前前世」という歌の題名前知識から、
そんなもんかと勝手に流れに任せました。
そのあたりからの恋人同士なんだろーと思い込む事にした。
それか、時空が入り乱れてんので
あの一瞬だけあの瀧君に出会い後の瀧君が混ざったんだと。
謎の解釈をしました。



で、色々あって。(だから、オイ。)



瀧くんが、糸守町で何があったのか理解した上で絶望の中、
行っても何も起こらないかもしれないのに
それでも無茶をして
あそこなら、と。
現世とあの世の狭間の御神体まで行って。

本当に生涯最後の「入れ替わり」を
「瀧くんの意志」で
「三葉を体内に取り込んで三葉の力
(正確には、三葉を守護している土地神様の精一杯の力。
あのお酒は、神様とお話する為の奉納品。
だけど、三葉も瀧くんも誰も
土地神様の声を聞けない。
その力のある男性が、そこにはもう誰も居ない。
だから、何で入れ替わりが起こるのかは解りはしない。が、力は発動する。)を借りて」
「瀧くんから」三葉を呼ぶ。
入れ替わりを願う。

今までは三葉(の土地神様)からの
強制入れ替わり巻き込まれ側だったのが

瀧くんが、動く。

何の力も無い。
1人じゃ、まだ何も出来ない普通の少年が
自分から動く。



ここで一気に、少年から男性に成る。




運命の日の朝に、瀧君は三葉に成る。





そして色々あって。(…もう、観ましょう。笑)





会いに来た!でも会えない、声は聞こえる、見えない、でもそこに居る。

摩訶不思議現象で、お互いに見えた会えた逢魔が時。
方言でカタワレドキ。

泣きそうになった。

だが、こっぱずかしい。
少女漫画全開でこっぱずかしい。

(…大人になったな、私。笑)




テッシー、1番男前で格好良いな。
(オイ!!)



瀧くん、頑張ったな。
訳解らない状況で、よく頑張ったな。(笑)
ああ、男らしい。
都会のちょっとスポーツの出来る
普通の男の子がよく頑張ったな。(笑)

好きな女の子に会いたいが為に。
ただ、助けたい為だけに。

あれ、自分の生活圏内じゃない違う場所の違う人間関係の中だから
余計に大胆なんだよね?

それもあるけど。
三葉、鈍感で気がついて無いけど。
下手したら瀧君自身も気がついて無いけど。

美術室でのあの瀧君の蹴り行動は…。
うわっー、書いてて既にこっぱずかしい!!!

普段の瀧君は、あんなんせんキャラやん。
いくら自分じゃ無い人間になっているから大胆だからってさあ。
瀧君が瀧君の時は、自分の為にあんなんするか?
と考えると意外だと思う。(笑)
しないと思う。

瀧君は、「何で」腹立ったんだろうねえ?
三葉ちゃんよ。

友達みたいにニヤニヤするわっ!!(笑)


後の事も。
好きな女の子が絡んでいるから
一世一代の大仕事なんだよね?
シンプルなん。

会いたいからだよ。



三葉の友達のテッシーとサヤちんは、
あれでよく信じたな。(笑)
普通、信じないぞー。

テッシーが1番凄いし度胸あって偉いわ。(まだ言うか!)
テッシーが信じるから、サヤちんも信じる…と言うか、頼まれた事をやるのです。
女の子だからねー。



で、何やかんやあって。(オイ!)



年数が経つ。


んー、アレ?コレ、
ハーレイ・クイン物語…?
…いやいやいや。(笑)
注意!破格のお金持ち男前社長とかは出て来ませんよ。



瀧くんは大学生になっていて、就職活動中です。
リクルートスーツです。

落ちまくってます。(笑)

東京のよく居る普通の男の子ですん。
2人の友達のが目立ちます。


名前だけでなくて
当時の記憶は、忘れて行くのはファンタジーのセオリーです。(笑)


想いだけは残って、
何であの頃にあの場所に行ったのか?
何であの頃、あの記事を夢中になって調べていたのか?
何があって何をしたのか?とか。
その理由は?

とか、全て忘れています。

何かを探している本能みたいな感覚だけはずっとある、と。



あーーー、ファンタジーーーー。
(ドラマ仁でもありましたでしょう?
ファンタジーの鉄板ですね!セオリーですね!!)


不思議現象は。
日本人なら、文化的に微かにでも神社には触れているので
深く考えなくても不思議現象は
「そーいうもんか」くらいで乗り切れる…かな?
うーん、リアリストは無理かもおおお?


名前も記憶も忘れて行くのは
もはやお約束なんやけど。


あくまでも、フィクションの物語の中のお約束です。


リアルの神社で記憶取られるとかは、聞いた事無い!(笑)
入れ替わりも無い…よな?知らんけど。

人を取られるのは聞いた事あるけど。
↑何気に書いているが、こっちのが怖っ。

神隠しね。
でも、あれは…。
大昔は七五三が終わるまでは
子供は自分の家の子供じゃ無くて
国の子供という習わしで。
終わってからが我が子。

その七五三で「神様から選ばれる人」が出る。
男の子でも女の子でもね。
その子が、お勤めする事になると
家族の元へ帰れなくなる。

だから、歌にも有る様に
「行きはよいよい、帰りは~」という歌詞になる。
そう考えると、それがいわゆる…
本当の現実の「神隠し。」って事かと。

悪い事じゃ無かったんだと思う。
ある意味、名誉職?みたいな?
ただ、世俗からは隔離されるから
ご両親や周囲は哀しい部分があるから
それが怖いって事。

まあ、リアルは本当のとこどうか?は知らんけど。
あくまで予測。




フィクションのお約束に慣れていないと戸惑うかも。

日常から非日常を揺れ動くから…。
えーと、何て説明すれば?

対価交換?とでも言えばいいのかな。

代償に、記憶を奪われるお約束…みたいな?
異常な事だから、その体験が人間の脳には耐えられないから
自己防衛本能で忘れるとか。

日常へ帰れなくなるから。

あくまで、ああいうぶっ飛んだ体験は
ある種の生と死の狭間みたいな体験になるから。



あの、三葉のお婆ちゃんの
「御神体の場所から帰るには、何か大切なものを引き換えにする」
という台詞が全てを物語るのでしょうと。



「千と千尋の神隠し」のトンネルみたいな、あの世とこの世の境界線みたいな。
その向こう側。



お婆ちゃんの台詞思い出して書いて、
後から今更思ったけど。

…瀧くん、こっぱずかしい奴だな!!(笑)

今の瀧くんにとって「1番大切なもの」は?
=「三葉」だという証明になっとるんやけどっ!!!


だから、三葉に関わる記憶や痕跡を全て取られる。
忘れる。


うわっー!こっぱずかしい奴だな!!(///;)
(でも、キャーーーって感じ。笑)



そう思うと、もう題名から恥ずかしさ全開。
叫んで無い様で、日本の首都から愛を叫んでます。
叫んでますよ!この人!!


彼女も好きな女の子もいなくて
そこまで好きってどういう事やねん?
ってモヤモヤする男性は
このキャラへ何か投げつけてもいいと思いますっ!(笑)
注意。神木隆之介さんには投げないで下さい。




このへんの説明が
お婆ちゃんの台詞しか無かったのが
あー…、日本的やなあ。と。

こういう説明無しで共有されているお約束。
全てのお話がそうでは無いけど。





探し続ける大学生の瀧君が

もーどーかーしーい!
こっち(観客)は全部観たわっ!!(笑)
全部覚えとるわっ!!(笑)
つい数分くらい前に観たわっ!!!

となります。


何度かのニアミス。

その末に、やっと会えた。
見つけた。

いわば、互いに意味深一目惚れじょーたーいっ!!

うわー、声かけないの!?
かけとけよ!
さっきまで走って探しとったやんっ!
お互い!

どっちか!!
つーか、神話的にここは瀧君が!!


…みたいな、そういう…。



東京大空襲ですれ違った2人ですが
寒い中、スカーフを真知子巻きにしながら
待つだけじゃなくて現代女性は走る!
そんな感じの。

(夏目さん、何かが間違っています。
そして、そのドラマは多分
美輪明宏さんが若い頃あたりの年代のほう…。
【まる】ついてないやつ。)



何か?エピソードはめ込み方が、異国小説的。


1人で観てたら、泣いてたかなー。
「好きだ」で泣いてたかなー。
女性だからねー。

名前も大事なんやけど、題名になるくらい大事なんやけど。
【瀧君の気持ち】が無いと…あの時、三葉は走れなかったと思った。

女の子だからねー。
はっきり伝えられて受け取らないと解らない鈍感さもあるからねー。
三葉ちゃんに限っては、他人の事には悟く鋭いのにな。(笑)
自分の事は鈍感よねえ…。
リアルでよくあるある。
(ついでに、瀧くんの先輩もそんな感じよね?笑
あ、…違うや。
先輩は、自分の事も他人の事も両方鋭いけど
悟すぎて頭良すぎて回り道するタイプか?
器用すぎて、モテすぎて損する時もあるんだよってやつか?)

三葉は、1回めっちゃ力を尽くして会いに行ったのに、木っ端みじんに砕け散りトラウマ化しているからねー。


あの時は、だから【名前より気持ち】です。



ココ、解らない男性は
将来の離婚の危機を乗り越え難いので気をつけましょうネ。
(…ナニソレ。)



ただ、ロマンティックすぎて
こっぱずかしい(何度目?)のが難点です。
(イヤ、そこがいい?笑)




これ、ドラマや洋画を観慣れている人や、
神社関連に詳しい摩訶不思議現象を当然レベルで信じられているタイプや、
外国小説とか読み慣れている人なら
ストーリーもエピソードも簡単に理解するけど。

1回観ただけでは解らないってのは、
凄く若くてあまり洋画とか観てないってのがあると思いますん。

ランダムな観せ方が、外国小説的です。
か、そういう手法に影響された村上春樹さんちっくな。


これ、「アナと雪の女王」の観せ方【比率】を参考にしているんだっけ?
それで、友達が興味を持ったのです。
何がツボになるのか解らない映画動員世界ですね。



よくこんな色々ある内容を、時間内にキュッとおさめたなあと。
それが、1番大変そうな作業だと思った。

描こうと思ったら、2倍くらいの時間を使って2人の心の変化を丁寧に描けるだろうし
そのほうが感情移入出来るし
気持ちは観ている側が誰でも着いて行けるんやけども。
あえて、それを捨てたやり方だよねえと。



解りやすい説明…。か。

全部見せないと解らないって、
解るように全部明かすのは
本当は、つまんない事なのよ。


匂いとか、裏設定とか、曖昧とか、解らなくていい事は解らないままで可とか。
それでいい事もあるのだ。
そういうのは、日本的かな。
和歌が下敷きなのか。
そういう所、好き。



少し少女漫画的な?
ご都合主義的な?

(主人公達が時間軸ズレに
何で気がつかないかって?

ことごとく気がつくのを邪魔されんのよっ!!笑
何に?目に見えない存在にね。
土地神様よね?


神様じゃないけど一例として。

もう、私のリアル彼氏さんのお爺ちゃんは
山で罠にかかった狸を助けてねー。
そしたら、お礼の晩餐に呼ばれてねえ。
3日間行方不明で帰って来なかったらしいで。
お爺ちゃん、山で泥団子ほおばってたとの事。
3日たっているの、気がつかなかったと。
相手、狸じゃ無かったと。
化かされてんのよ!!
ほんの数時間が3日間!!爆笑

日本昔話かっ!!!←突っ込み。

兎に角、そういう神話に由来している土地は
「何か」ある。
そんな事もあるらしい。笑)



女性的な感覚の自然のお話でした。



日本は、女神の国だからかなあ?
(結論、それでええのか?)


でも、最後は男の人が重要なんやでー。
(意味不明。…あれ?これ…感想文?)



何かを良い方向へ変えるのは
3人の男性が必要。
後はそのバリエーション。


だから、巫女である三葉は瀧君を呼んだん。
無意識にあの娘(コ)はそれを知っている。使命(国を護る)も。
巫女さんの血をひくから。(笑)



瀧君と、テッシーと、お父さん。


はい、「同じ志」の男性3人。
いっちょあがり!(笑)




うんうん。

パラレル世界の時空思考はまた別のお話。(笑)

仁先生なら、「時の修正力が~」と悩みまくりそうだが。(笑)
瀧君は若いので、走った後に考えるタイプですね。
悩み考えようにも、忘れてんので考えません!(笑)




面白かったよーん。
1人で観ていたら、ホロリと泣いてたよーん。
ボロ泣きせんのは、私の乙女心が足りないからです。
それだけです。
ハイ。



好きか嫌いかで言うと、好きよ。




主に、ロマンティスト向けです。(笑)
私も、ある程度ロマンティストです。



あとは。
瀧くんが詳しく描かれていないのは…
あれは、わざとかなと。
「都会の普通の男の子」っぽくして
わざと輪郭をぼやかしてある程度誰でも当てはめるようにしてあるのかなーと。
(ある程度だから、感情移入出来ない人もいるだろうけど。)
バイト先で、憧れの好きっぽい先輩が居ても
抜け駆けしない所とかね。普通っぽい。

これは、男の子に三葉ちゃん
(もしくは、リアルな「あなたの隣の女の子」)を観てもらいたい映画なんだろうなあ???と。


三葉は、性格だけ見るとわりとよく居そうよ。

ただ、立場が共感は呼びにくいよね。

だってね…。
使命とか言ったって。
そういう血筋と言ったって。
…只の高校生の1人の女の子なんだよ…。
1人だけで、家族も信じてくれない中で。
どうやって頑張る?
こんな状況の女子高生少ないわ!(笑)

家族や友達とかの自分達だけで助かるのは出来るかもしれない。

だけど、この使命ってさ…。
その土地に住む人達を助けてくれって事だよね?
意地悪して来る人達すらも。

そんなん…皇族じゃ無いんだからさ…。
高校生の女の子1人のそこの孤独をさ。
誰がサポート出来るの。
本人も心から決意出来る?
お父さんですら挫けた事を…10代の女の子1人が背負って行ける?
一生懸命やろうとしてるさ。
でも挫けそうで、鳥居の下で叫んだのね?(笑)

実は誰も本当の意味ではヒロインを理解してくれていない状況なんよね?
お互い大変だなって言うテッシーすら自分の事を背負うので精一杯で余裕は無いから他人事で見ているん。
三葉へ恋心があるテッシーすらも後一歩踏み込めない。
ややこしい家なのが解っているから!(笑)


それを、瀧君1人が友達を巻き込んで寄り添ってくれて居た事になる。
強く意図せずに。意識せずに。
だって、知らないから。
平気で乗り越えて来んのよね。


…それは、三葉にとって特別な存在になる訳だよなあ…。


瀧君側がこれは本格的に惚れてんじゃ?って思う瞬間って「あいつに悪いかな」かなあ。
や、結局やるけど。(笑)
こっちもその自覚無いキャラだから解り難いけどな。(笑)





あと、音楽は。
私は映画観ている間、挿入歌の「歌詞」は一切頭に入って来てません。

2人を観聞きするのに一生懸命で
曲は聞こえるけど歌詞までいちいち意識出来ませんでした。
なので、全然気にならなかった。(笑)
MVとも思わなかったのよね。
…オカシイのかなあ?

ま、あ、私の性格が一局集中したら
他の事をシャットアウト出来るという
1つの事しか出来ない人だからかな。
(…いいんだか悪いんだか。
大人になると娯楽でそこまで集中しないけど。
長くもたないし。)



なので、画面が真っ暗なエンディング曲だけはじっくり聴けた。(笑)
丁度いい案配ですん。
協力ムーに反応して、爆笑しそうになったのは秘密ですん。
(こんな中で声出して笑えるかっ!!)






友達、涙目でした。(笑)

「可愛いかったーーー!
 ↑細かい事は気にならない。既婚女性です。

大人です。(笑)




そして。
瀧君が、名字じゃなくて名前だったと
今、知りました。(爆)


フルネーム、立花瀧くん。

……。
変ななまえぇ。
(コラ!!笑
私が映画題名を繰り返し念ずるべきか?



ヒロインは、宮水三葉ちゃん。



2人の物語は、ピュアで勇敢で数年かかりました。









余談。
ーーー奥寺先輩側に立つ感想。ーーーー



奥寺先輩が三葉in瀧くんを好きかな?ってなったのは何か解る。(笑)

三葉から見たら、同性の年上の綺麗で賢くてしっかりしていて優しい先輩って憧れるし
素直に好きなんだよね?
キラキラした目で見ちゃうし、自分が迷惑かけちゃった分お役にたちたい!って思うし、仲良くなりたいし。
同性同士は、好意がストレートなんだよ。
恥ずかしげもなく!
仲良くなりたいだけで、先がどうなる訳でも無いからね。(笑)


そういう三葉in瀧くんは。
先輩から見て「カワイイ」し「気持ちいい」し「素直な優しい子だな」ってなるんだよね。(笑)

いっつも近づいて来る男の子達は
高嶺の花扱いされたり、
ドキドキされて固くギクシャク接せられたり、
下心見えちゃったりするんだけど。
三葉in瀧くんにはソレが無いから。
清々しいとでも言うか。
好意を隠さずに堂々と憧れの目でキラキラ見られちゃったりしたら、そりゃ可愛いわなと。
人目を気にせずに自分を守ってくれるから。
何、この男の子。可愛い(男らしい)。ってなる。

それで、先輩も意識しちゃって。
何て言うか…
「(三葉in)瀧くんは
自分が自然な自分で居られる相手かな?」って。
そう思ってデートするんだよ。



だが、しかし、ただの瀧くんは抜け駆けも自分の力だけでは出来ない普通の男の子だったのです!(笑)
大人デートの気まずさも、はっきり居心地が悪かったから次は何処何処へ行きたいです、とか言ってくれない。
本音も言ってくれない。
喧嘩にもならない。
要求もしてくれない。
言ってくれたら、ああそっか…ってなるのに。
って思うだろうなあ。

このへん、先輩は年下くんと付き合った事が無い。
意外と恋愛に慣れてない人なんやなーと思う訳です。
(えらい年上とかとは付き合った事はありそうなムードやけど!笑)
ゲーム的に恋愛するような遊び人では無いわな。


兎に角、
瀧くんはその程度の先輩好きレベルだったのです!!




先輩傷つくわ、そりゃ!!!




先輩は傷つくけど…年上だし。
お姉さんだし。
だから先回りして、~なんじゃないの~?ってカマかけたら。
…あら、…本当か。と。

ここで全力否定してほしかったんだよね?
「違います!!」って。
三葉in瀧くんなら先輩を好きだから全力否定するトコロなんだけど。

全力否定しないんだもん。…瀧くん。



先輩は、軽く失恋。



でも、混乱するでしょ?
好きな相手の態度が違う雰囲気とか。
…瀧くんが解らなくなる。

好きは好きだから、もうちょい努力してみよーかって。
瀧くんの糸守町探しに着いて行くのです。
普通に心配というのもあるけど、
先輩にとっては
「好きは好きだけど、…『どういう好き』なんだろ?」
っていう確認の旅です。




で、アウトオブ眼中される…と。




瀧くんは、…アホですか?(爆笑)

(いや、瀧くんそれどころじゃなくなってますので。)





何気に1番酷い扱いを
瀧くん&三葉にされた先輩が
一足先に幸せになっているのが幸せでした。




多分、瀧くんの友達にグチグチ言われてたでアレ。(笑)
んー、そこまで子供じゃ無いから一人で落ち込むくらいかな?
そういう様子を空気で察して慰めた友達が
心持って行った事になるのね。(笑)


というか?2人で近況をすり合わせて

「瀧くん、最近性格が不安定じゃなかった?おかしくない?
まるで、別人みたいな…。」

って謎解きの話になってたかもよ。
言わないだけで。


恋愛は、若い時は大人の人がちょいと損。
綺麗で器用で賢いからモテるけど、綺麗で器用で賢いから遠回り、ね。




瀧くん…もうちょっと綺麗にちゃんと優しく振らんと…。

きちんと先輩と向かい合ってもいないんだもん。

…子供だなあ!(文句)




とか、流星の片隅で思い返していました。(笑)



そして、妄想ですけども。

酒の席とかで奥寺先輩が爆発する姿が見てみたいです。(笑)


「何でうまくいかないのぉ~。
誰もが遠巻きに眺めて勝手に憧れられてたって、こっちは気づきゃしねーのよ!
来るなら来いっ!!
美人美人って、こちとら必死でお洒落してんの!
金かけてんの!
メイクとったら眉毛なくて麻呂よっ!
だからバイトもしてんのっ!!

ちょっと来たと思ったら
上の空通り越して
今度はガン無視よ、ガン無視!

真面目に何でもソツなくこなせるからって私は鉄人違うっつーの!
え?なに?
私、42.195キロ走って海泳いで自転車レースすんの?
(何かルール違う!笑)
それともSASUKEとかすんの?
それとも、私は自衛隊のレンジャー部隊にでも入ってんの?
飲食持たされずにどっかの山奥にでもヘリコプターから放っぽり出されて数日経っても
目的地まで時間どうりにたどり着けそうに見えんの?
私、それやっても生き残れそうに見えんの?
もしかして、だから、ガン無視されても平気そうに見えんの!?
そこまで鍛えてないっつーの!


しかもよ!
相手の娘(コ)は何か運命背負ってて
しかも巫女さん女子高生だって言うじゃない?
なに?巫女さんって萌えじゃん。
女子高生ってだけで萌えなのに、
萌え×萌えよ!
二乗よっ!!
若くて清純まっしぐらじゃん!!
こんなやさぐれた女子大生に何の勝ち目があんのよ!?
私が今更制服着たら、夜のお仕事のオネエサンよっ!!
一昔前のイメクラかっつーの!
金取るわっ!!


しかも、隕石落ちて大災害よ。
なに?その悲劇。
命云々に入り込めるかっつーの!
そんなとこで私の愛だの恋だのって話なんか吹っ飛ぶじゃない!?

私って、なんなのっー!!」


(注意。全部想像代弁です。笑
 長澤まさみさんの声でご想像下さいませ。)


…大人…で、す、か、ね?

大学生で大人っぽくても、完璧大人な人間なんて居ませんよね。(笑)

大人だと思っていたcoolな先輩の
呑んだくれた姿を見て吹き出したかもしれない瀧くんの友達がniceです☆









BGM RADWIMPS なんでもないや


で。
何気に細かくデジャブーなのは、ここ10数年の私にはよく有る事なので今更です。
それで素直に驚ける自分に後から笑う。
けど、それ程よく出来ているのが監督さん達の純粋な才能だと思うの。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








Theme:映画レビュー | Genre:映画 |
Category:君の名は。 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

【映画】思い出のマーニー 感想。

2015.05.25 Mon




原作を知らずに読まずに
テレビの特集くらいでしか情報を得ずに
今更「思い出のマーニー」を何気に観て。

何か映画を観て泣くのは
どんだけぶりかくらいの勢いでポロポロと泣く。

い、いやあ、…何気に観たのに。(笑)

あんまり深く考えて観て無いから、粗探しとか出来ないけど。

ただ。

「預かった親類の娘さんが、あんだけ地元で外で気を失って倒れまくっているのに
よく、でーんと構えていられるなあ。
大岩夫婦、すげー。(笑)」

とは、思ったけど。(笑)

「何やら問題のある娘さん。」を預かる訳だから、細かい事を気にしない事に
あえて、してんのかな?と。
思った。

いや、いくら何でも喘息ってあんなには倒れないから!(笑)
(私の姉と友達が小児喘息だった。)

酷いと入院するけどね。
ネブライザー(吸入器)使っているという事は、
かなり酷い症状が頻繁に出るって事だよね…。
でも、そういうのって大抵、小学生時期。
成人する頃までには、身体が強くなって行って治まるかな?
(たまーに発作が出る時が、またより酷くなるけど…。
大抵、夜なんだよね。)

あそこまでいきなり倒れるのは、少し他の要素もあるのかなー?とは思った。
(話的に、マーニーと会うから
何かの狭間を
行ったり来たりしなきゃいけないから、倒れているにしても。笑)

「喘息」にカモフラージュされた「何か。」
それを解っているから、大岩夫婦はわざと触れないんだと。

特別扱いしないという事。
ある意味、腫れ物扱いしないという事。
一見、触れない事が腫れ物扱いかとも考えるかもしんないけど。
「そんな事あったっけ?」
みたく流すのが腫れ物扱いしてない様に私には見えたんだ。
完璧、杏奈に同情とか可哀想とか一切思ってないよな!あれ!(笑)
それが凄くいい。



そういう設定が、大岩夫婦は「凄く優しいなあ!」と思う訳です。


田舎特有のコミュニティーで
何処の誰か言わなくても皆が知っているから。
だから、倒れていてもちゃんと家に送り届けられているし
護られている。

口汚い人はアレコレ噂するだろうけど
あの夫婦は、それも「込み」でそういう覚悟を持ってあっさり受け入れている。
大らかに。
考えてないふりをしつつ、ちゃんと考えている。
やたら外でぶっ倒れる事で
他人に迷惑をかけている事を叱ることも無く。

だけど、今は。
主人公の杏奈には、そこまではまだ解らないの。
子供なのと、いっぱいいっぱいで。
ってか、子供はそんなんはまだ気にしなくていい事なんだな。(笑)
そういうのは、大人の世界だから。
子供達の事で大人が頭を下げるのは、
お互い様で本来は当然の事だから。




マーニー家族だけが外国人設定のままなのは
「大好きよ!」とか
言わなきゃいけないからかなあ?とか思う。

日本人、あんなにストレートに面と向かって「大好きよ!」とか、泣きながら言わない。(笑)

そのマーニーの感情表現に引きずられて、杏奈まで大胆になってしまうのね。

彼氏と観たんだけど。

その後、私が「赤毛のアン」の
アンとダイアナが真逆の性格なのに
何故親友になって行ったのかを熱く語るが
彼氏は聞いちゃいねー。(笑)

解らないのを前提に話していたのでいいんだが。

「赤毛のアン」は、ちょっと女の子女の子しすぎる世界だからね。

でも、結構、男っぽい感じの
クールな娘とかが意外にシリーズ読み込んでたりするんだよな!(笑)
対して、似合いそうな女の子女の子した感じな娘がミステリーとかのが大好きだったりな!(笑)
女のリアル世界は超意外よ!!

(袖の膨らんだ流行りのデザインのドレスを欲しがるアンについて
男性に語っても
普通、解らないだろう!!笑

「モスリンって何?」って聞かれても
「生地よっ!」で終わらせるぞ!)

で、後で言われたのが。

彼氏
「お前は何を語っているんだと。
杏奈の『あの体験』は、
『マーニーとカズヒコとの体験』を
杏奈がカズヒコ側で追従しているんだろ?」

と。

夏目
「!!!!
それだと、
めっちゃラブストーリーじゃんっ!!(驚)

追従パターンなら、仲良しだった久子さんとかにシンクロじゃないの??」

カズヒコさんだと、あの花売り娘はどう解釈したらええんかと!
あれは、誰立場だ!?とか。

それは、色んな人の立場にシンクロとか?

でも主にカズヒコさん???
さあて?

確かに、カズヒコさんも重要存在なのに、
存在感が薄すぎるんだよな。
そのくらいの落ちがあってもいいんかも。(笑)

最初の私の勝手なイメージだと、
あのお屋敷の周囲で
何人も過去にも杏奈と同じ様な体験をしている人達が居た、とか?
とかとか思っていたんだけど。

ちゃんと落ちがあって。
途中で「あー!」みたく察する訳です。

ああ、まあ、そのほうが杏奈にとっては必要だし。

その落ちは兎も角。

まあ、
追従パターンより。
やっぱり杏奈は杏奈としてそこに存在して対峙してるほうがいい気がするけど。
時空歪み解釈のが、生マーニーがソコに居るからいい気がするけど。
まあ、追従パターンでも、
時空歪みパターンでも、
混じってっても、
結果はきっと同じことなんだけどね。

きっと、シンプルに
マーニーの杏奈への想いがみせた
奇跡体験物語だから。

マーニーの基本設定が、私の涙腺のツボを崩壊させたんだな!(笑)
弱いっ!
ソコには、私は盛大に弱いのだっ!(笑)




「ジブリ作品で、最も泣きました。」
報告でした。








Theme:映画レビュー | Genre:映画 |
Category:思い出のマーニー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

‪るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編‬が観たいなあ。

2014.10.22 Wed








感想じゃ無い。(笑)
まだ、観てないもん。




何か。…観たいなあ。

細かいとこはええの。
多分、原作ライトファンやけど。(笑)
実写にソコまで求めないから。
(原作との違いを割り切れるタイプです。笑)

アノ異様な盛り上がりを全部やるには…多分、お金と放映時間が足りんと思うから。(笑)

単純に、動きが凄い奇麗だからかなー。

役者さん達、全員気合い入ってそうだし。
要所要所の動きが奇麗だったらそれでええわーって感じ。

少なくとも。
最近ぶっ通して観た話題作片っ端の洋画でぶっ壊れた頭には丁度いいと言うか。(笑)
 ↓


エンダーのゲームとか観てたからねっ!!(笑)
「こりゃ、原案AKIRAか?」みたいなの
(クロニクル)観てたからねっ!!(笑)
続けて「ディアトロフ・インシデント」まで観たからねっ!!(笑)
北朝鮮さんにアメリカさんが支配される映画とか観てたからねっ!!
(ありえねー。笑)
熊さんのぬいぐるみが下ネタ絶賛連発中ので
久々にお下品ネタで爆笑してたからねっ!!
(あれはどの層が観る映画なんだよっ!?涙笑
家族向け絶対無理だろ!涙笑)

ちょっと前の洋画レンタル上位話題作、
総じて変だったよっ!!!
なんでー?



あ、「REDリターンズ」は、面白かったよ。
お気に入り。
懐かしの宮崎駿ホームズ思い出した。
ハドソン婦人みたいな主人公の彼女と、
「お前は子供かっ!!(笑)」と、チャイニーズの暗殺者に突っ込む感じが楽しいヨ
(そんな感想でいいんですか?…さあ…。)


あ、ホワイトハウスがぶっ壊れて大統領が人質なる映画を2本観たか。
どっちも面白かった。
けど、基本笑いたいので
娘が政治マニアホワイトハウスマニアで、
お父さんに「お前、友達いないだろ?」言われて
最後に娘が大統領旗振る方が楽しいので好きです。








私の映画ハードル。
絶賛低レベルまっしぐら中よっ!!(笑)




ってか、しばらくハンディカムカメラ等で自分撮りした映画は観たく無いっっ!!
この手法を流行らした某ホラー映画に文句言いたくなったし!(涙)
観にくいー。目が疲れるー。もうヤダー。



るろうに剣心 実写映画。
偉いよ。
凄いよ。

何なら、↑の映画らをぶっ続けで観てみー。

きっと私の気持ちが理解出来るから!!!!
(って言うか、よくそれらをまとめてぶっ続けで観たよな。よりによって。笑)



ってか、ターミーネーター3よりマシでしょ?
ならいいよー。(涙)

こちとら、ハリウッド様のドラゴンボール実写版まで観たぞ!
そして速攻記憶から消去(コラ。笑)した。

剣心が剣心でありさえしたらもう何でもええよー。
(そこまでハードル下げんでも。笑)

1を観た限り、アレはちゃんと剣心。殺陣奇麗。よっしゃ!!
ヒロインもちゃんと可愛い。
恵さんは個人的には若かりし頃の常磐貴子イメージだったけど、
今演じられても困るのと、演技力でカバー出来てるからええのだ。
あの泣きの演技はちょっと新人さんとかでは難しそうだったからいいのだ。

ってか、カメラマンがちゃんと撮ってたらもういいよー。
(だから、それ、手法が違う。笑)

ってか、大元の「作者が何が描きたかったか?」ってのが変わってなかったら基本成功だと思うの。
いくら原作が少年向け漫画でファンタジー入ってると言っても。
メインテーマ。
それががらりと変わってたら、流石に「題名だけ借りた別物だろソレ。」って思うけど。


変に鬼平犯科帳とかになってたら「何映画だよっ!?(笑)」って笑うけど。
本格時代劇は本格派としてあってくれなきゃ困るけど
(鬼平は、野良犬が助けてくれる話が好き。雪が降るシーンの殺陣のやつ。お寺の階段での殺陣。
それまで丁寧に積み重ねて最後に印象的なシーンだよねえ。
そのシーンだけ観ても「そこまでいい?」ってなるけど。最初から観ると、ドキドキすんの。)

そこまで重厚じゃなくてええ分野だから。剣心。ジャンプだから。
少年が格好いいー!ってなって。少女が格好いいー!!
(微妙にどっか違う格好いい。笑)
となれば、それでいい分野。
ついでに昔の少年少女も観れたら尚良し。
あら。そう考えると客層広いな。

役者さん方々は「動けて、演技出来て、顔がいい。」
そろわないと出来ん分野だから難しかっただろうけど。
(…本当だよなあ…。ようやったな…。コレ。
そりゃ役者生命覚悟するわ…。
あんなスピードの殺陣の連続だと、全部やるには怪我しそうで怖い。)



何気に1が1番まとまってそうとか普通に予測で思うけど。
(‪京都大火編‬キャラ多すぎだから。
めちゃめちゃ凄くするにはお金がもっといりますよねえ。
多分、現実。シビアに。ハリウッド並みに。
あったら出来るんだよね。実際。お金かける部分を間違わなければ!笑)



1に志々雄様は出てこんので、やっぱ観たいなーと。
思うのでありました。





どのキャラが1番好きか?つーと…。
普通に漫画読んで普通にアニメ観てたくらいだから。
普通に主人公。
↑珍しいと言われた事がある。何でや。(笑)

だからって、志々雄様も好きだった気がする。様つける程度に。
でも、やっぱ勝つのは主人公でないと。あの場合。日本の行方が。





 BGM ‪るろうに剣心サウンドトラック[トラック 13]‬





それにしても…。(苦笑)
少年ジャンプの歴代人気作品ってのは
ことごとくディープなファンが各キャラにつく傾向があるから。(苦笑)

映画製作陣一同様(俳優さん女優さん歌い手さん含む)
そして各役者さん方々の固定ファンさん達に
「…何か、本来いらん超気苦労お疲れさまです。(深々頭を下げる)」
と、もの凄っく労りたくなったわ。


面白い目新しい分野の実写邦画作品だと思うヨ。
役者さん一同頑張ってて格好いい可愛いと思うし。
私は薫ちゃんってキャラも演じる咲ちゃんも可愛いから好きだし。演技も頑張ってたと思う。
家族向けにもいい作品だよ。

ざーっと色々検索してら、
薫ちゃんってキャラをストーカーみたいに10年以上も貶し続けてるってのがおって。
関係の無い演じた女優さんや薫ちゃんキャラのファンまで罵倒されるって事らしいから…。
何と言うか…。
実写で盛り上がって、お絵描きやお話作り(こういうのって二次創作だけど。)から
足洗ってたけど「また遊ぼう♪」とか何も知らんでぽやーんってやってみて
たまたまソレが薫ちゃん好きだと、とんでも無い目にあうって事だよね。
(とんでもないこと=荒らしといてそれを薫ちゃん好きのファンの責任にわざとして
知らない所で勝手に悪名が轟く…。と。…気の毒すぎる…。苦笑)
…知り合いにそんなん(復活組)おったら声かけとこーっと…。
(蛇の道は蛇。餅は餅屋。…こんなん…辿って行ったら誰でも本家まで行く気もする。汗
 同人活動しとらん片隅お絵描き趣味でオリジナルジャンルでお手伝い程度しかした事無いの私ですら、
 知人駆使したらアニメ製作スタッフには辿り着ける落ち。滝汗)



スピッツさんのストーカーさんの時も思ったけど。
私のリアルの過去体験で、微妙に解るけど。
出来る事なら触りたくない領域って、現実にあるよなあ。(汗)
って感想。



彼氏、基本漫画読まない人だけど1作目実写映画TVで観た後、漫画読破してたよ。(笑)
その後、歴史語られたよ!(そこまでいらん!笑)
上杉鷹山好きな人だから、明治どこいった?って話よ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








Theme:日本映画 | Genre:映画 |
Category:るろうに剣心(実写) | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画「幕末高校生」観たいかもー♪

2014.06.17 Tue




映画「幕末高校生」




ちょっと楽しみ



いやー。

「歴史上の人物でお仕えしたかった人。」って一人おると。
前ーーーに私。言うとりますが。

誰や?ってお話ですが。

勝海舟なんですねえ。(笑)

坂本龍馬も好きなんっすがね。私は勝さんなんです

あ、師匠は別ですが。
そこは置いておいて。



だって勝さん。
江戸を守る為に禁じ手まですんだもん。
おかしいやろ!(笑)
城を守る為じゃない。そもそも、何で城があるのかってーと。
民の為に有る。
だから、城よか。殿よか。町を守る。
で、その為に。守る為に。
江戸の町の価値を無くす為に、
江戸全焼させる手はずなんか普通せんわっ!!!(笑)

当時、立場が立場だから、情報は各方面からその時の最先端のモノがある訳です。


それらの情報と立場をフルに活用して
「賭けに出た」訳です。
(このへん、篤姫の手紙やらも入る訳ですね。
 異国からの圧力もフルに活用した訳ですね。)


そのね。
大勢の人に影響する、人生を左右させる。
一人でその決断をしないといけなかった彼が。
その時、どんな気持ちだったのか考えるとね…。
自分の立場が。交渉が。
勝つか負けるかで。
大きく歴史が変わる。

その狭間で。
一人で何を思っていたんだろう…ってね。

無言の3日間とかねえ…。
薩摩長州のこれまでの犠牲による立場とか…ねえ…。

当時の錦の旗っていうものの重要性とかね。
だってね。敵陣に錦の旗が掲げられるって事はね。
歴史的に「うわ、絶対勝てねえええ!!!」って事で。
「帝が敵陣についたって事は、こっちが悪役!?」みたいに成るから
士気は下がる下がる。(汗)逃げる逃げる。

(帝の一族は太陽と自然に護られる。
だから、皇族は常に権力者に利用を狙われるお立場な訳で。
もー、魑魅魍魎の奪い合いな訳で。だから現代では政治に関与出来ない。

なんで戦の時の超下っ端にまでその威光が轟いているのか?っていうと。
歴代不思議現象が有りすぎたから、理屈違うんですね。きっと。

現代でも、祭祀の儀式の時の写真は誰がどんな最新機材で撮っても全てもれなくぼやけます。
か、シャッターが押せない現象があるらしいぞ。

後、お伊勢さんのHPのフラッシュ映像の女の子の。
今でも14、5歳の女の子がお伊勢さんを訪れると、
マジで脳裏に巫女さんに自分がなって舞を舞うあの映像が流れる体験をする人がおるらしいよ。
あのCG、よく忠実に出来てるって褒めてました。
伊勢の県の人の談より。)

映画に錦の旗が出て来るかは知らんけど。(笑)





具体的にどこが好きとか聞かれると。
(…そういう事聞いて来る奴はおらんが。笑)

安易に「敵味方」とかで考えないからかな。勝さん。
何か、当時の人間にしたら考え方が先に行っているんだ。
全体を見てる。
そして、勝さんは。人を護るんだ。
相手の立場とか、地位とか、敵味方とか、どう思われてるとか関係なしに。
全部護ろうとする。
そこが…何か凄い。
(ただし、女癖は悪い。笑 奥様苦労しただろうなあ!爆笑)
そして、めちゃくちゃ敵が多い!
(保身と言う言葉を知らんのかっ!笑 いや、何と言いますか…。奇特な人だよねえ。)








で。
ライトに「幕末高校生」ですが。
コメディですが。(笑)


勝さんが前面に出て来そうなんで、ちょっと観たいなあ…って。(照)
映画館に行くかどうかは解らないけど、レンタルでなら軽い感じで観れそうかなー。

しかも、男前(玉木宏さん)勝さんって!!
キャー!恋愛要素ありげ?有りげっ!?
キャアァァー!!!!!
 ↑…おバカ…。

でも、よく記事とか読んだら。勝さん結婚済み設定だった。
って事は恋愛要素は無いかあ?




 BGM ナノ infinity≠zero

   ( ※ 動画 ※ )






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







Category:【映画感想】 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

今だから観る映画?「13デイズ THIRTEEN DAYS」

2012.03.31 Sat





 1962年キューバ危機題材の映画。

 友達と「何か映画観る?」って特に決めずに映画館に行って。
 何種類かある中から時間近い中から…。

 んー。そんなに特に観たいのは無いかなーって私。
 主に雑食なんで(意味不明)何でも観れる。
 (ただ、観れるけどホラーの大画面は泣くと思う…から出来る事なら避けたい。)


 のんちゃんが「あ、これ観たいと思ってたの。ケビン・コスナーの。」

 と言ったのが、これ。



 「13デイズ THIRTEEN DAYS」



 勿論、私に基礎知識は無かった!(←オイ。)




 夏目「どんなのー?」


 のん「アメリカの政治の話。ロシアと戦争なりかけた時の話だって。」

 夏目「いつ時代頃?」


 のん「ケネディ大統領の頃。」

 夏目「あの暗殺された大統領?」

 のん「そそ。」

 夏目「うん。この中では面白そう。私もそれがいいー。」





 見事に客席に人数がおらんっ!!!(何故!)



 私らともう1グループだけか?(汗)




 感想。


 アレキサンドロス君…1番最高。

 (↑意味解らないから!…って、感想そんだけかよっ!!)







 上映が終わって、明るくなった時。

 1番驚いたのが。

 私ら以外のグループが思いっきり父&小学生低学年くらいの子供さん3、4人。

 ……。
 騒いでなかった様ですが…
 お子さんは面白かったんでしょうか…?



 父が観たかったんだな!(笑)

(いやーわっかんねーぞ。案外、しっかり観てたりして。)






 BGM Kalafina  oblivious    (※動画※)




Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |