FC2ブログ

RSS|archives|admin

【映画】思い出のマーニー 感想。

2015.05.25 Mon




原作を知らずに読まずに
テレビの特集くらいでしか情報を得ずに
今更「思い出のマーニー」を何気に観て。

何か映画を観て泣くのは
どんだけぶりかくらいの勢いでポロポロと泣く。

い、いやあ、…何気に観たのに。(笑)

あんまり深く考えて観て無いから、粗探しとか出来ないけど。

ただ。

「預かった親類の娘さんが、あんだけ地元で外で気を失って倒れまくっているのに
よく、でーんと構えていられるなあ。
大岩夫婦、すげー。(笑)」

とは、思ったけど。(笑)

「何やら問題のある娘さん。」を預かる訳だから、細かい事を気にしない事に
あえて、してんのかな?と。
思った。

いや、いくら何でも喘息ってあんなには倒れないから!(笑)
(私の姉と友達が小児喘息だった。)

酷いと入院するけどね。
ネブライザー(吸入器)使っているという事は、
かなり酷い症状が頻繁に出るって事だよね…。
でも、そういうのって大抵、小学生時期。
成人する頃までには、身体が強くなって行って治まるかな?
(たまーに発作が出る時が、またより酷くなるけど…。
大抵、夜なんだよね。)

あそこまでいきなり倒れるのは、少し他の要素もあるのかなー?とは思った。
(話的に、マーニーと会うから
何かの狭間を
行ったり来たりしなきゃいけないから、倒れているにしても。笑)

「喘息」にカモフラージュされた「何か。」
それを解っているから、大岩夫婦はわざと触れないんだと。

特別扱いしないという事。
ある意味、腫れ物扱いしないという事。
一見、触れない事が腫れ物扱いかとも考えるかもしんないけど。
「そんな事あったっけ?」
みたく流すのが腫れ物扱いしてない様に私には見えたんだ。
完璧、杏奈に同情とか可哀想とか一切思ってないよな!あれ!(笑)
それが凄くいい。



そういう設定が、大岩夫婦は「凄く優しいなあ!」と思う訳です。


田舎特有のコミュニティーで
何処の誰か言わなくても皆が知っているから。
だから、倒れていてもちゃんと家に送り届けられているし
護られている。

口汚い人はアレコレ噂するだろうけど
あの夫婦は、それも「込み」でそういう覚悟を持ってあっさり受け入れている。
大らかに。
考えてないふりをしつつ、ちゃんと考えている。
やたら外でぶっ倒れる事で
他人に迷惑をかけている事を叱ることも無く。

だけど、今は。
主人公の杏奈には、そこまではまだ解らないの。
子供なのと、いっぱいいっぱいで。
ってか、子供はそんなんはまだ気にしなくていい事なんだな。(笑)
そういうのは、大人の世界だから。
子供達の事で大人が頭を下げるのは、
お互い様で本来は当然の事だから。




マーニー家族だけが外国人設定のままなのは
「大好きよ!」とか
言わなきゃいけないからかなあ?とか思う。

日本人、あんなにストレートに面と向かって「大好きよ!」とか、泣きながら言わない。(笑)

そのマーニーの感情表現に引きずられて、杏奈まで大胆になってしまうのね。

彼氏と観たんだけど。

その後、私が「赤毛のアン」の
アンとダイアナが真逆の性格なのに
何故親友になって行ったのかを熱く語るが
彼氏は聞いちゃいねー。(笑)

解らないのを前提に話していたのでいいんだが。

「赤毛のアン」は、ちょっと女の子女の子しすぎる世界だからね。

でも、結構、男っぽい感じの
クールな娘とかが意外にシリーズ読み込んでたりするんだよな!(笑)
対して、似合いそうな女の子女の子した感じな娘がミステリーとかのが大好きだったりな!(笑)
女のリアル世界は超意外よ!!

(袖の膨らんだ流行りのデザインのドレスを欲しがるアンについて
男性に語っても
普通、解らないだろう!!笑

「モスリンって何?」って聞かれても
「生地よっ!」で終わらせるぞ!)

で、後で言われたのが。

彼氏
「お前は何を語っているんだと。
杏奈の『あの体験』は、
『マーニーとカズヒコとの体験』を
杏奈がカズヒコ側で追従しているんだろ?」

と。

夏目
「!!!!
それだと、
めっちゃラブストーリーじゃんっ!!(驚)

追従パターンなら、仲良しだった久子さんとかにシンクロじゃないの??」

カズヒコさんだと、あの花売り娘はどう解釈したらええんかと!
あれは、誰立場だ!?とか。

それは、色んな人の立場にシンクロとか?

でも主にカズヒコさん???
さあて?

確かに、カズヒコさんも重要存在なのに、
存在感が薄すぎるんだよな。
そのくらいの落ちがあってもいいんかも。(笑)

最初の私の勝手なイメージだと、
あのお屋敷の周囲で
何人も過去にも杏奈と同じ様な体験をしている人達が居た、とか?
とかとか思っていたんだけど。

ちゃんと落ちがあって。
途中で「あー!」みたく察する訳です。

ああ、まあ、そのほうが杏奈にとっては必要だし。

その落ちは兎も角。

まあ、
追従パターンより。
やっぱり杏奈は杏奈としてそこに存在して対峙してるほうがいい気がするけど。
時空歪み解釈のが、生マーニーがソコに居るからいい気がするけど。
まあ、追従パターンでも、
時空歪みパターンでも、
混じってっても、
結果はきっと同じことなんだけどね。

きっと、シンプルに
マーニーの杏奈への想いがみせた
奇跡体験物語だから。

マーニーの基本設定が、私の涙腺のツボを崩壊させたんだな!(笑)
弱いっ!
ソコには、私は盛大に弱いのだっ!(笑)




「ジブリ作品で、最も泣きました。」
報告でした。








Theme:映画レビュー | Genre:映画 |
Category:思い出のマーニー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |